育毛対策する前に、毛髪サイクルを知っておきましょう。

突然ですが、「毛髪サイクル」ってご存知ですか?

少し専門的な言葉なので、知っている方は少ないでしょう。

では、髪の毛は何年成長するでしょうか?

髪の毛が成長する年数をお客さんにお伝えすると、皆さん驚きますね。
それだけ知らない方が多いと思われます。

育毛対策をそろそろ始めようしている方や、前より髪の毛にハリ・コシがなくなって気になっている方に、この「毛髪サイクル」を知っておくと、育毛対策を続けやすくなりますよ。

なので、まずは毛髪サイクルを理解し、理容師がおすすめする育毛対策を紹介していきますね。

目次

毛髪サイクルとは?

毛髪サイクルとは、「髪が成長して、髪が抜けて、新しい髪が生えてくる周期」の事を毛髪サイクルと言います。

もう少し詳しく説明すると、それぞれに期間があり、髪が成長する期間は3年から6年。
成長が遅くなり、毛球が小さくなる期間が2~3週間、そして成長が止まり、毛髪が抜ける期間が3~5ヶ月。

引用:http://bictionary.net

このように髪はそれぞれの期間を繰り返していますよ。

では、なぜ育毛対策の前にこの毛髪サイクルを、知っておくほうが良いのでしょうか?

なぜ毛髪サイクルを知ったほうがいいのか?

毛髪サイクルを知っておくべき理由は、「毛髪サイクルが乱れると薄毛の原因」だから。

さらに、毛髪サイクルの期間を知っておかないと、いくら育毛対策をしたところで、効果がないからです。
効果がないというよりも、育毛対策を諦めてしまうからと言ったほうが正しいかもしれませんね。

ところで、あなたは育毛対策と言ったら何をしますか?

ほとんどの方が、育毛剤を使用する事で育毛対策になると思いますよね。

決して間違えではありませんが、その育毛剤の使用期間はどうでしょう?

きっと、1本、2本使って、結果が出ないと諦めてしまいませんか?
1、2本だけなら、半年分くらいですよね。

先ほどの毛髪サイクルを見てください。
髪が成長する期間は4年~6年です。

育毛剤の使用期間が半年、髪が成長する期間が4年~6年。
明らかに、使用期間が足りていないですよね。

なので、最低でも3年~4年育毛剤を使用するべきです。

長く使用するためには、財布と相談していかないとですよね。

そこで、理容師であるmatsurihaが、手軽に始められる育毛対策をお伝えしていきます。

理容師がおすすめする育毛対策は?

理容師である経験から、手軽で効果的な育毛対策は2つになりますよ。

  • シャンプーの仕方
  • 頭皮マッサージ

この2つの育毛対策がとても重要。

どういった対策なのか?簡単にお伝えしますね。

シャンプーの仕方

シャンプーの仕方のポイントは3つ。

  1. 予洗い
  2. ゴシゴシ洗わない
  3. よくすすぐ

この3つを意識するだけですよ。
簡単ですよね。

まず①の「予洗い」
シャンプーを泡立てる前に、シャワーで髪の汚れやホコリをあらかじめ減らしておく事です。

そうするとシャンプーの量は少しでいいし、最後のすすぎでシャンプー剤が残りにくくなりますよ。
1分~1分半ぐらいは、予洗いしましょう。

②の「ゴシゴシ洗わない」
ゴシゴシ洗う事で、毛を引っ張って、時には抜いてしまう場合があります。

自ら毛を抜かないように、頭皮をマッサージしながら洗っていきましょう。
洗う時間は1分ぐらいで十分ですよ。

僕は、全体に泡を付けて後に額(ひたい)からつむじの範囲を、10秒ほどマッサージしてすぐにすすいでいますよ。

最後の③の「よくすすぐ」は言葉通りです。
泡を立てて洗う時間よりも長く、しっかりとすすいでいきましょう。
濯ぐ時間は1分半から2分

すすぎのコツは、お湯を手で溜めながら頭皮を洗う感覚になります。

頭皮マッサージ

頭皮って、意外と凝り固まっているって、知っていますか?

頭皮マッサージを自分でするのもいいですが、長くマッサージをしていると逆に肩が詰まって血行が悪くなってしまうので注意してくださいね。

やっぱり、お店でヘッドスパをしてもらうのが一番です。

頭皮マッサージをするだけで、頭皮がだいぶ柔らかくなりますよ。
ただし、頭皮マッサージも続けないとまたすぐに頭皮は硬くなってしまいます。

そこで、先ほどお伝えしたシャンプーの仕方の出番です。

毎日シャンプーをしながら軽くマッサージをし、数カ月に一度プロに頭皮マッサージ。

これが、理容師が考える手軽で効果的な育毛対策になりますよ。

育毛剤での育毛対策は、プラスαとして考えてくださいね。

少し専門的な言葉「毛髪サイクル」でしたが、理解できたでしょうか?

毛髪サイクルを知ってもらえると、継続的に育毛対策を実践できますよ。

では、また。
よろしくお願いしまッス。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる